Welcome

連日にぎわう函館朝市に店を構える創業30年の海産物店「高田屋」。その屋号は、現社長が函館の発展の礎を築いた江戸時代の廻船業者・高田屋嘉兵衛の子孫であることから名付けられた。お土産にピッタリの北海道の恵みをリーズナブルな価格で提供できるよう、いけすを装備したトラックで北海道各地を巡り、その時期の旬の食材を直接買い付けている。店内にはその日に水揚げされた鮮魚をはじめ、シマホッケやニシンの干物、脂がのったサケ、いくらの醤油漬けなど、多彩な海産物がずらり。鮭とばやオリジナルのカニの松前漬けといった特産品も豊富に揃う。また、近隣の姉妹店、活魚料理居酒屋「嘉兵衛」では、高田屋でも扱う地場の魚を、好みの調理法で食べることができる。

Information